明るいオタク

元小娘トップセールスのなんでもプロデュース

明るいオタク(別名 アホプロデューサーw)が
Ameba Ownd というブログ型ホームページの
制作サポートやプロデュースをしています。
出没地は、東京・千葉近郊。
通販番組を見ているような楽しさで、
ホームページが学べる講座も大好評★

記事一覧(21)

尊厳を護る

誰かの【正しい】に合わせて…いつの間にか積み重ねられた【善】による思考…誰かの【承認】を与えるため…過去経験からの【恐れ】に縛られ… 様々な思い。様々な考え。守りたい何か。いつかと願う気持ち。 幾重もあるこれまでの人や経験や選択この先も続き そして重ねていくそれぞれの生き方や死に方選ぶ世界。向かう場所。あの時は必要だったあの時はそれしか出来なかったどうしようもなかったあの時はそうしないと生きていけなかった それももう過去の話。あなたは…誰がどうであろうとも 誰がなんと言おうとも自らの生きてきた思いの下感じてきた気持ちの数々かつては言えなかったかもしれない事をこれからは自らの声で発していく。。。 心の中に押し殺してきた思いと共に放たれる【わたしはわたしで生きていきたい】【わたしは支配されたくない】【わたしはコントロールを嫌う】【わたしは愛が欲しい】【わたしはこれが嫌い】【わたしは指示されたくない】【わたしは自分の足で歩きたい】はっきりと【イヤ】を放つことではっきりと【したい】が見えるあなたは自らの足で何処へでも。いつでも なんでも手に出来る会いたい人に会い喜びの深みを増していける内なる炎の在りかを。あなたが持つ燃える命を。

あなたはわたし わたしはあなた

この手を なぜ放した…この手を あのときこの手を あんなにも簡単にこの声を あの時は聞こえずこの声を 記憶できずこの声を 信じようとしなかったこの瞳を 見つめられずこの瞳を 受け取れずこの瞳を 疑ったその手も その声も その瞳も全ては本物だった 探していたものだった全てはそこにあって全ては真実だったこの手も この声も この瞳も全てはそこにこたえがあったあなたはわたしの中にあってわたしとの境目をなくしたいとわたしを最も強く求めたあなたはわたし わたしはあなたそしてずっと前から知っていたんだ…あなたはわたしだとわたしはあなただとわたしの中のわたしなのに。あなたの中のあなたなのに。それを知るためにどれだけの時間とプロセスが必要だっただろうなんども分離しては…また引き合う引き合ってはまた…戻されるぶつかり合って ぶつけ合って見えたと思ったら見えなくなる見つけたと思ったら…不確定となる信じられるのはいつもここにあなたがいるということここにわたしがいるということ信じきれないものを信じるしかなくシンプルなものをいつも見てるだけしかなくなんどもなんども繰り返す中で…あなたもわたしも愛でしかいられないことを知る愛でしか生きられないことを知る

何度でも考えること

何度でも。日々。どんなことが目の前の方に必要で的確なのかを考えます。。。* 誰もが自由に選択できること* 何かをしたい時もそうじゃない時も大切なこと* 今置かれた環境の中で心地よさを選ぶには* 当たり前を改めて見つめてみること* やりたくない事を少しでもやるために* なかなか変えられないことの見方や捉え方* ひとに寄り添うとは* サポートするとはどういうことか* 誰かのチカラになりたい時* 役に立っていると感じたい時* 必要とされる人になるには* 大切なひととの距離感の取り方* 自分自身の表現方法を見つけていくにはもし、したくないことがあるなら…なぜそれをしないのかを説明することやなぜそれをするのかを説明することや誰もが自由であることが当たり前の世の中に。出来ないことをチャレンジするのはいったいどうやって?とかそれはする必要があるの?とかそれは今なの?とかもっとも避けていることこそやってみる価値があったりだとかやらなくてもよかったりするのにやってしまうだとか失敗を許しあえる世界にこころのゆとりを得るにはその方の本当に望む方へ心を寄せて同じように感じることで。あなたの中にある誰かや…あなたの中の強い声を聞いていくことができる大切にしたいことのために⭐︎出会える人たちが自然に解きほぐれて心地よく広がっていくように⭐︎

ただあなたのまま前に

とても嫌だと思っていることとても嫌いだと感じていることとても許せないこととても変えたいことそれぞれすべてあなたの中にあるもの実は…なんの解決もいらないしなんにも変えなくちゃいけないことなんてないここが変わらないから何かができないとかここが成長しないからダメなんだとか実は…なんにも関係ないなにに対しても。あなたがどう思うかが大切でどう感じるのかが大切さらに知った上でどうしたい?どんな風に在りたい?特に理想を追い求める必要もなくてあなたがそのまま今のままただあなたであればいいそう居させてもらえない場所にいるのならその場所は離れたらいいそれが納得できないならそこでどこまで頑張るのかを決めたらいいここまで。と決めたなら…覚悟して取り組んだらいい傷付くと感じても 不安があったとしても決めたなら行動してみたらいい何もしないよりは…傷付いても前に進んだ方がいい誰かが何かをしようとするとき必ず誰かがその歩みを止めようとするその人もまた不安であったり傷付きたくないのだろう誰かと離れたくなかったり誰かに認めて欲しかったりするのだろう誰もが同じ思いを持ち同じ様に行動しがちだということあなたはそれを気にして歩みを止める必要はなくてその人のためにも前に進めばそれでいい心配などしても人のエネルギーを奪うだけ助けてあげないと…など…共に溺れる可能性ひとがヒトに与える活性はいつも見えない世界のもの誰もが今のままの自分をそのまま素直に放てばいい

統合までとその先

自らの内側の奥の奥。。。本当の声を聞き その声と繋がり波を感じ 風を感じその音の質と音量ともっとも信じるのはそこにある声。いつどんな時もその声を聞き今までもしその声を聞いてこなかったのならその分の過ちを謝り…これからを生きるうえで。君がもっとも喜ぶように生きる事を誓い君が見たいものを見て君が食べたい物を食べ君がしたいことをし君のために生きるのが僕の喜びと…それは決して君のご機嫌を損なわない様に目を配るものではなく君が気にいる様に顔色をみるものでなく僕が幸せに感じることが君が喜ぶことをし続けること君がどうであるかではなく僕が君のために出来ることをしたい何かを君にして欲しいからそれをするのではなく僕を見て欲しいからそれをするのではなく僕は君を見つけて。本当の僕を知った…君が僕の中にずっと居たのに。僕は君を見てこなかったそんなつもりはなかったしかし事実は見てこなかったことになった君が僕の中で反抗を起こし僕は初めて気付いた…今までの生きてきた総てが上澄みだったと知った君が僕に教えてくれた君が僕に怒り出すのは当たり前で僕がいつも君の怒りでチャンスをもらっていたのに…僕はもうどこにもいくことはない君のそばでいつも君を感じていたい僕は嬉しい…君が僕の中にいると知れて君を見つけられた僕は素晴らしいと思える君のために生きられる事が人生の意味だと思える君が僕と…外であり中であり…そうして共にすべての見るもの知るもの 味わうもの 感じるものもう2度と誤魔化すことはない君の声を聞き 君の本当の気持ちを解いていく幸せはそこにある。。。そして…その先に他が広がる…

苦しみや悲しみや孤独

苦しみを…苦しいと感じつつもその裏側にある欲求を把握しそこへ少しでも向かう道のりの果てしなさを覚悟して進んだ道であるからこそ。それでもなお苦しいと叫んでもいいその声はとどく。悲しみを…悲しいと涙にくれてもそのそばにある思いを自らが理解しその深さをあたためて繰り返しいつか手放してまた前を向く姿で在るからこそ。それでも大声をあげて溢れ出してもいい止めることはない…思いはとどく。寂しさや孤独の…底知れない黒の世界もあなたが本当に求める愛の世界を見てその世界が創られていくことをやめず何度でも探し続けるからこそ。その姿はひとつ際立って輝き光り放つ美しく深く鋭さを増す…必ずあなたが探す世界は創られていく。真黒な世界にあっても涙の波にのまれるときも体の固まるような声にならないときもそのそばに。その姿を見せ その姿を励まし その姿に愛を注ぐ…それらをジャッジすることなくそれらを批判することなくアドバイスを探し歩かず最期までそこにあり最後まで内なる声を聞くことどんなときも。どんな状態も。どんな欲求も。どんな理想も。あなたが求めていいものであなたが歩く世界であなたが描くもの時には全てを投げ出したくなってもそれはまた歩き出すためのひと呼吸⭐︎