生・せい

あなたがあなたであり続けることを
どこまで覚悟できますか?
もっとも大切な存在として
隠しきれない自分という性質を

誰がどう見ようが。
誰がなにをあなたに期待しようが。
あなた自身があなたに理想を求めようが。

今の自分でしか居られないことを
今の状況の中でそのままでしか居られないことを

喜びを感じて進むとは…
今のすべて。甘んじて受けて。
歯をくいしばるでもなく
落胆しても意味はなく
未来を思って焦るでもなく
まして…過去の繰り返しを恐れるでもなく

しなければならないことを探しても
それが欲しいものとは繋がるなどという約束はない。

あなたが今、あなたでしか居られないことを
いったいどこまであなた自身が受け入れられる?
そして…どんなに何かが苦しくても
その中でもっとも間違いではない感覚を信じ
それを愛していることを信じ
そしていつもそのまま存在すればいい

信じ続け 愛のすべてをもって待ち続けた先に…

なにがあるのかを考えて求めるのではなく
なにがあるのかを目を閉じて感じ
ゆっくりと手に触れるその感覚を
涙とともに体に受け取る。

あなたの努力が何か自分の望んでいることへ
直接的に約束されているのではなく

あなたの努力と祈りが…
その先に自然と広がりを見せる…
その光の感覚を覚えるまで。

あなたは今ここで
あなたでしか在り得ないことを知り
そのままそれを愛を持って抱きしめ
そこに居続けて。。。

誰かに何かを強い口調で接するも異なり
自己への理解を求めるも異なり
本当のあなたで在り続けることを
諦め 絶望してもなお 静かに 許し 覚悟する

あなたは愛そのもので
ここにそのまま在るだけでいい。

なにをすべきでも なにが正しいかでもない
間違いも 過ちも
すべてはそうではなく。。。
素晴らしい生そのもの

PER TE

存在するけど、しない… 癒しと導きを まるでご先祖さまや家族に見守られているような感覚… セッションでは、年代、生物種、生死問わず魂と繋がりながら 自分では気付かない本当のあなたが望む声を知るお手伝いをします。 必要な答えに自ら辿りつく為の気付きへ…

0コメント

  • 1000 / 1000