まずは知るところから

これは嫌いってハッキリ言う人
こんな奴は近寄るなって言ったり
こんな考えは自分とは合わない
とかとか。。。

そんな風にハッキリものを言う人がなぜか…

『あの人はなんであんなこと言うんだろう』とか
『あの人はきっとその事が気になって仕方ないんだ』とか
『もっとこうしたらいいのに』とか

そんな風に言われたりする。。。
どんな目線でそんなことを言うのか

ひとにはそれぞれ様々な思いがあって
それには経験やトラウマなんかもあったりして
それがあって言動がある

不安だったり心配だったりする恐れが根っこにあって
自分を守るための言動かもしれない
自分にも同じような反応があって
それを見たくないからかもしれない

人を通して自分に反応したり
反射的に拒絶したり

すべては自分を知るためのきっかけであって
こんな風に思うのがイヤだから変えようとしたり
考え方が嫌いだったりしてそれを無くそうとする

まずはどんな自分が存在するのかを知って
無くそうとするのではなく
うまく付き合っていく…
その方法を探そうと意識を変えてみる

自分にもなら似たような考えや気持ちがあると知る
どうしようもない自分を受け入れるのが
もっとも大変なことだと…クライアントさんのひとりがおっしゃいましたが。

1番変えにくいのも自分自身
もっとも厄介なのも自分自身
でも変えられるのは自分自身だけ

まずは知るということらからはじまる

PER TE

存在するけど、しない… 癒しと導きを まるでご先祖さまや家族に見守られているような感覚… セッションでは、年代、生物種、生死問わず魂と繋がりながら 自分では気付かない本当のあなたが望む声を知るお手伝いをします。 必要な答えに自ら辿りつく為の気付きへ…

0コメント

  • 1000 / 1000