不動と千手

千手観音には手が千本ある
弓をもつひとつの手に心がとまれば…
残る999本の手は役に立たなくなる

1本の木で、ひとつの花に心がとまると、他の花、まして葉や枝は見えない
心がどこにもとまらなければ…全体は見える
千本の手は、心が不動智になるなら…千本の手があっても一時に役に立ついうことを示している。。。

心を取られるということの問題を示す
心は身体全体一杯にひろげて
その要るところへ出すのが理想

例えば踊るとき。
手をどこまで伸ばすとか、この手はどうかと考えるとか…
足の踏み方が人にはどう見えたかと思う、それは練習のうち。

上手くなれば自然と踊っていて
心にとどまるものがない。
心をとめているうちは練習ということ

反して不動智は…
不動は動かず 智は知恵
八方へ心を動きたきように動きながら
いつもとどまらぬ心をいう

動かないココロ、動転しないこと、ものに心をとめないこと、
…心が自由を得ること。

十人を相手にするとき、十度心は働くかもしれないけれど、一人にも心をとどめ過ぎず、次第に自然となされていく…

不動明王と千手観音はこの理の上に。
神道をはじめ諸道の極まるところ
千手と不動のあるところ

PER TE

存在するけど、しない… 癒しと導きを まるでご先祖さまや家族に見守られているような感覚… セッションでは、年代、生物種、生死問わず魂と繋がりながら 自分では気付かない本当のあなたが望む声を知るお手伝いをします。 必要な答えに自ら辿りつく為の気付きへ…

0コメント

  • 1000 / 1000