たとえばチャクラ。

チャクラについて。
知識を得るのではなくそれらを感じなくてはならない

*******************

OSHO はこう言ってる…
 仮説としての知識は助けにならない。仮説としての知識があると、あなたはそれを自分に当てはめるようになる。教えられた通りのやり方でものを見るようになるが、それはあなたの個人的な状況とはそぐわないかもしれない。そうなると大きな混乱が生じてくる。

*******************

チャクラについて知識を得るのではなくて。
それらを感じていくこと。
自分の中に感覚をはり巡らしていく…
チャクラを。クンダリーニを。
その通路を実際に感じるように。

実際、内なる世界に関しては…
知識はつねに障害となってきたはずで。
知識が多くなればなるほど、実際にあるもの、真正なものを感じる可能性も少なくなってゆく…

それはとても悲しいことであるし。
知識欲という貪欲さはおさまることがない。。。常にむさぼり始める。

すべてはすでに体内にあり。
それを感じて…知識としてあるものを
自らのカラダやココロをつかって知ることができるはず

それをできないと決めつけ。
それができるまで待てないと焦り。
カンタンに探そうとする。
それは自らを蔑ろにする悲しい行為の可能性

必要な情報はすべてもっている…
チャクラについてというのは、
例えばの話。。。

PER TE

存在するけど、しない… 癒しと導きを まるでご先祖さまや家族に見守られているような感覚… セッションでは、年代、生物種、生死問わず魂と繋がりながら 自分では気付かない本当のあなたが望む声を知るお手伝いをします。 必要な答えに自ら辿りつく為の気付きへ…

0コメント

  • 1000 / 1000