宇宙は創るもの

こういう傾向がある人はこういう人
こういう理由があってこうなっている
こういうことを言う人はこんな育ち
こんなことをする人はきっと愛情が足りてない
そんなもろもろ。。。

そうやってカテゴライズされることで
安心する人もいるだろうけれど
かえってそれが問題を生むこともある
内側にうっすらと悲しみを積み上げてしまう…

そして。自分自身にそれをするということは
他へも同じことをしているだろう

何かを改善しようと自分自身で思う時
どんな傾向があって
どんな理由があって
今こうなっているんだと
それで落ち着ける場合もあって
またそれでモヤモヤが増すこともある

行動をしていくことは
変わっていきたいときに必要なこと。
だけど…行動的になったからといって
満足度が高まり、人生が充実して幸せを感じるとは限らない

ひとりひとりの求めるもの
ひとりひとりが感じる幸せの感覚
ひとりひとりが求める愛情のカタチ

みえないものほど…
本人もわからないことの方が多いし
それは体感していかないと実感できないもの
嫌なものを知るほど。好きを知れるという…
嫌なこともやってみないと
本当に嫌なのかは実はわからない
なにが最も嫌なことなのか気付けない

誰かが決めた一般的な考えなどで
自分をそこにはめこんだとしても
それでは説明のつかないことだってある

全ての事柄には陰と陽。2つの世界が必ずある
だからどちらもいいも悪いもないのだ。同じように支え合う質

2極化の世界が広がっていくと言われている…
わたしにとっては既にそれは10年も前に言っていたこと
それは昔の考えでしかなく。
ここから先はそれを超えたマルの先の世界
どちらも同じ。。。

宇宙はうちにあって…
そこと繋がり。
だからといってそこからメッセージが来るわけでも、宇宙が全てでもない
宇宙は創ってゆくもので
今、もしわかっているような顔をしているのならば
単なる傲慢というもの

私たちひとりひとりが創造していける存在そのもの
個体などもともとなくてヒカリ
それは単にウチに宿すひとつのチカラでしかなく

それをもって現実に何を成すかの方が
よっぽど世の中のためになります

誰にも決められることはない
誰にもコントロールされることもない
誰しもが自ら創り出していける
そのヒカリの世界の融合が
この世を表す無数の色の。。。

あなたはその世界にいるひと
わたしはこの世界にいるひと

あの人もこの人もたくさんのそれぞれの世界
あなた自身がその闇を…闇と思っているのなら。
それは悲しい事実なのかもしれないけど。
今はそれをそう見ている自分を許していい

2極も。そうでないものも。陰陽も。
統合ということひとつさえも。
あなたが思うものひとつ…
それが真実であろうし。それがいい

あなたはいったいなにが欲しくてどこへいく?

わたしは宇宙を創る方へと向かい
だれが特別でも普通かそうじゃないかではない
何も決めない世界へ

決まってゆくのを見てそれを美しいと思う
創られていくのを見てそれが素晴らしいと思う
景色はいつも。輝かしく毎秒姿を変える

PER TE

存在するけど、しない… 癒しと導きを まるでご先祖さまや家族に見守られているような感覚… セッションでは、年代、生物種、生死問わず魂と繋がりながら 自分では気付かない本当のあなたが望む声を知るお手伝いをします。 必要な答えに自ら辿りつく為の気付きへ…

0コメント

  • 1000 / 1000