彼の方と同じ想いを此処に…

ある種の線引き…について質問がありました(^^)
その質問は詳しく書けませんが。
質問された方へのお返事と共に…それに関連して感じたことを。。。

わたしはその時『ないかも』って単純に答えたんですね。
後から反芻するタイプのわたしは、
んー、あるのかもなぁって思って。。。
ただそう見ればそうというだけで
ない、といえばないと同じなので訂正はしません(笑)

欲しいと思ってないものが手に入ることはよくあること
欲しがっているだけではそれはただそれを握りしめて入るようなもので
それは【手に入る】ということではない

手に入るのは欲しがって取りにいくものじゃない
ただそこに入ってくるもの…ということ

***  ***

未来が見えるよ…と思う瞬間は多々あって。
当然不確定である
けれど必ずそうなるとも言う…
それは絶妙なバランスなのです。。。

その後すぐにある映画を観たんですね
未来が見えることを映像化させたものでした。
いつもそうやってお知らせや答え合わせがくるのです

少しでもできるだけたくさんの時間を使いたいと思うことに行動を起こしています
わたしが個人的にしたいことなんてもうほとんど特にないから(^^)

思うのですよね。。
人のために生きるっていうのはあれこれとっても難解
自分のためにだけ生きるのはずっと簡単で今すぐにでもできるし、それなりにやっている(^^)
そして大して楽しくないのです

わたしの中にいつもあるのは…
難しいと思うことをやろうということ
できないと思うのではなくてね。
その中でもどうするか⭐️

その方が面白いからね(笑)
そういうことでしょ?!っていつも思うのです
わたしはその感じが好き✨
それがしたいなら仕方がないんです。

したいことをしてそれが何かに繋がるのも仕方がないことです
どうやったって繋がってしまう
望んでるかと聞かれたら…
望んでるというよりもそうなっていく確認をしたいんだと思うのです

それが自然の流れという…
だから確認ができたら手放しも自然と起こるもの(^^)

わたしは【見守る】ということを通して
存在の在り処は知らせることはありません
それはあの人も、またあの人も、彼の人も同じ思いだと感じている。

『決して記憶から消えないっていうことをとても残念に感じつつ…
あなたがあなただけを思い記憶からわたしが消えることを切に願う』

そういう想いだと感じている✨

手に入ってきたのはそういう遺された想い。。
それを遣わせて下さり此処にそれを流していく…
そこに個の存在は完全にない
それが個の確立だと…わたしの場合はしっくりとくる

なにかを感じとり
わたしに会いにきてくださる方々…
ご予約が完了から既に。なにかを感じて変化していく方々…
その後の出来事による確認がされていく
変化していく内側…
自己を本来の在り方で思い出していくプロセス…

すべて。
彼の方々がかつてその時代時代で施してきたことがここに
そしてこの先もまた繰り返されること
さらに今ここに必要な…大いなる動きに対し施していくこと
そのチャレンジもなにもかもすべて。

ひとつひとつ…
みんななにかを感じ取っていく時代。
共に在ってくださりありがとうございます(^^)

あなたがあなたを想うことに。
お手伝いさせてくださりありがとうございます⭐️

PER TE

存在するけど、しない… 癒しと導きを まるで、亡くなったご先祖さまや家族に、見守られているような感覚… セッションでは、年代、生物種、生死問わず魂と繋がりながら 自分では気付かない本当のあなたが望む声を知るお手伝いをします。 こころに寄り添い、必要な答えに自ら辿りつく為の気付きへ…

0コメント

  • 1000 / 1000