犠牲を使うなら…より明確に見極める

【犠牲】という言葉がここのところ巡っている
日常聞く意味とはまた違うもの。

より大きな  この先の未来を思うこと。。
大きく大切なこと…本当の意味でいいもの…
普段わたし達はどれだけイメージというものをどこかなにかから押し付けられているだろうか。

なにもかもが犠牲の上に存在するのは事実であって
すべてのものが犠牲の上に存在することを忘れ易い

表も裏もなく…
隠すことのできないこれからの時代。
本当の思いが外にそのまま表れる(^^)
どんどん表面化して…
世界の違うものたちは会えなくなる
理解し合えなくもなっていくだろう

違いはそれらがどうこうではなく
どちらがどうこうでもなく

理解し合えなくなるというだけ
大きな全体で見れば…
どちらもその世界ではそうだというだけで
どんな世界も必要なもの。
バランスを保つもの。

ここに書くことも。
どんどん理解できない人たちが増えていくこともあるだろう
わかるからどうだとか
わからないからどうだとか
それらもすべて特に問題ではない

必要に感じ…読みたいという中で、ただ浴びるという交流だとか反応だとか
それらが活性や目覚めの可能性。

自らがなにを望み  なんのために
どの世界を自分が見ているのか。それだけ
内側にすべての答えがあり
自分自身がすべての責任

もしだれかたった1人のためだけにでも
犠牲になれるのだとしたら…
より未来を見てより大きなところを見て選ぶものがある
より遠くを明晰に感じてとる行動があるだろう

肉体を持って…なにをする?
現実になにを降ろす?
GというKeyを使ってなにをする?
喜びとともに行うこと

宇宙の外側に向かう
外側と溶けて融合してそこから見るものはすべて
どちらも同じでそれらすべてその場でどうしていくのか…だけだ

バランスはいつも整っていた。それはかつての話。。
世代交代は内側から…古いつまらないやり方をあっさりと捨て去り
ここからは様々な力を借りて…
要らぬものを即壊し、再生して繰り返し立て直して極まっていく

目覚めなさい…と言うものがいる
その血を使ってなにをするのかを問われている

あなたは誰のために生きるのか
なんのためになにをするのか
本当の自分でそこに立つこと
それでしか立てなくなること

目の前にすべてのヒントがあふれていて…
目の前に取り組むことがすべて

PER TE

存在するけど、しない… 癒しと導きを まるで、亡くなったご先祖さまや家族に、見守られているような感覚… セッションでは、年代、生物種、生死問わず魂と繋がりながら 自分では気付かない本当のあなたが望む声を知るお手伝いをします。 こころに寄り添い、必要な答えに自ら辿りつく為の気付きへ…

0コメント

  • 1000 / 1000