身の丈を知る

毎日…誰かのためとかじゃなく
かといって自分だけのためでもなく
飛び抜けた出来事がなくても

たとえば…美人かどうかではなくて。
少しでもキレイ目な自分でいることとか
日常の食する食べ物をすこーし選ぶとか
自分のできる範囲で…
日々の喜びを少しずつ。。

そうしたことができるのは
とても平和な世の中だからであって
そうさせてくれる近くの人たちがそれを許してくれるからであって

なにがないとか
なにがうまくいかないとか
誰かがどうだからとか
何かと比べて劣っているとか優れているとか
そんなことに囚われていると…

自分自身が壊れていってしまうよ

自分の身の丈に合ったやり方や生き方があって
選んできた場所や人やもの
選んでくれた人や場所やもの
それらはその時のあなたがベストを尽くしたかたち
今もしそう思えないことがあったとしても
ここからもまたあなたはベストを尽くしていける

誰かを見て羨んでみたり
劣等感を埋めるような行動に出ても
それはまったくあなたらしくはなく
どこか華美になっていったり…
どこか張り詰めた何かを感じるもの…

似合ってないってそういうこと

【わたしを認めてよ】
【わたしだってやってる】
承認欲求を外側に放ち続けるやり方…

そんな終わりのない苦しそうな世界にいるのではなくて
まずは自分の丈を知ること。
それがどんなに残念に感じても
それがあなたなの。
まずはそれを知ること

周りを見て誰かのようになることではなく
自分にないものを持とうとするのではなく

あなたが見ている、その輝いて見える人は…
自分の丈を知っている
自分の場所をわきまえ
自分の立ち位置を理解している

なにか派手なことをしてるわけでもなく
なにか特別なことをしてるわけでもなく
その人の当たり前がそこにあって
その人の自然な姿が美しいのだ

あなたもまた同じなのに。
なぜそう見えないか…

あなたが最も自分を認めていなくて
あなたが最も自分を否定していて
あなたが最も誰かと比べて優劣をつけ続けている

あなたは…そんな風に他人からされた時
どんな気持ちになるだろう…
それをあなたは自分自身にしている

そんなことは悲しいだけ
そんなことは切ないだけ
自分の丈を知ってそれに合うものを身につけて
その自然な姿を。
自分自身がひとつづつ認めてあげていって
まるで他人の様にでもいい
自分の子供にするかのようにでもいい


PER TE

存在するけど、しない… 癒しと導きを まるで、亡くなったご先祖さまや家族に、見守られているような感覚… セッションでは、年代、生物種、生死問わず魂と繋がりながら 自分では気付かない本当のあなたが望む声を知るお手伝いをします。 こころに寄り添い、必要な答えに自ら辿りつく為の気付きへ…

0コメント

  • 1000 / 1000