イヤな気持ち

イヤという気持ちの中に…
あなたのかつてのなにかが隠れている
抑え込んで出てこないようにしてしまったもの

何かに対してイヤだということは決して悪いことではない

だれかが嫌いだとか
あの人のここが嫌いだとか
自分自身のイヤなところだって。。。
それを感じてることにダメだとするのではなくて
そのイヤなことを克服しなきゃいけないんじゃなくて

まずはイヤだって言ってみていい
イヤなことがない。なんていうのは…
いいということも大してないのと同じ
イヤなものが多いほど
いいものも出てきて際立つというもの

そしていいものに囲まれて生きたらいい
イヤなものはイヤと認めて…
それがあってもいいんだと思って
イヤ。は時には言ってもいいんだと思って

それをどうにかしようとせず
それを押し込んで出さないのではなく

いやだな。って…
いやなんだな。って…
じゃあなんだったらいいの?
どんなだったら好きなの?
どういう感じがいいの?

それをしたらいい(^^)
こんな感じがわたしはいいな
こんなことがわたしは好きだな
こんな人になりたくはないな
こんな風に言いたくないな
そんな風にいればいい

イヤなものは誰にでもあるし
キライだということができるから…
好かれる人も現れる…

キライと上手に付き合って
イヤ。イヤ。イヤ。を自分の中で知ってみる
知り尽くしてみて…
それでもまた関わってみる
ヒトに認めてもらおうとするのではなく
イヤを共有してもらおうとするのではなく
色んな人がいて、イヤなところだって誰にでもあるし
イヤな時だってある
その時だけかもしれないし、この先もイヤかもしれない

それでもいいじゃない(^^)
そう一旦認めてみる

その先にいいも増えるし
イヤじゃなくなるものも増えるかもしれない

世界は自分で広げていける
だから自分を知ることはとても大切(^^)
どんな自分であっても。

PER TE

存在するけど、しない… 癒しと導きを まるでご先祖さまや家族に見守られているような感覚… セッションでは、年代、生物種、生死問わず魂と繋がりながら 自分では気付かない本当のあなたが望む声を知るお手伝いをします。 必要な答えに自ら辿りつく為の気付きへ…

0コメント

  • 1000 / 1000