ととのえていくことの楽しい責任

間違っていようが 合っていようが
そんなのは価値を置かなくていいんじゃないか?

選んでいくもの
誰かにとっては間違ってて
誰かにとっては合ってる
正しいか正しくないかはわからないし
どうでもいい

あなたがその時それを大事にしたのなら
それはあなたにとって大切だったのであろう
これを信じていて これがわたしの信念

誰かに。どこかに。
主張して認めてもらいたがるのは
あなたがまだまだ自分の信じたものに
不信感や恐れがつきまとうからではないだろうか…

誰もが傷付きたくはない
それを自分の中でどれだけ理解しているだろう?
あなたはいったい誰から傷つけられると
思い込んでいるのか…
またはこんなに傷つけられたと
思い込んでいるのだろうか…

それはいつだって
あなた自身があなたを置いてきぼりにして他を見て
多くの意見を選んでそこに合わせようと
自分を否定したり誰かのなにかを選んできた結果であろう

もしも。。。
あなたがなにかを名乗る者で
その世界のプロとして生きる者ならば
すべてがいつもどこででも素直で正直であればいい
ということも違うだろう

あなたはいったいなにがしたくて
あなたはいったいどんな人のために
あなたはいったいなにができるのか
そして…
あなたは今できるカードを使って
そこにはどんな役割を持たせて
それ自体が全体のどんな目的を持たせて
どういったことを目標や結果を想像して
それを行うのか

そしてあなたはほんとうにそれがしたいのか

そして選んだ道には当然の責任があり
それを守り続けられるかは
あなたの個人的な問題とは関係ない
自分の気分で行動するところは
あなたのごく個人的な場で行えばいい
定まらないのなら自らを待ってあげたらいい

失敗を恐れることなく
何度でも間違えて 何度でもやり直して
立て直せばいい
いつも同じ位置へ戻っていってしまうのではなく
1度決めたものをうまくその道にのせるには
どうしたらいいのか

こころが荒れた時も
気持ちが整わない時にも
あなたは何の世界を選んで何者としてそこにいるのか
ここの場は何のために使うのか
誰かや社会の評価として自分を当てはめることはずっと先でいい

認められようなどというものは重きを置かなくていい時期がある
優先順位をきちんとつけて
見るべきを見ていけばいい

まずはあなたの中で心の中で
しっくりとくるかたちで落としておく

あなたが思う、
これがわたしのやりたいことで
これがわたしにやれること
それがどんなものであろうと
間違っていようと 合っていようと

あなたがすべてを見て
あなたがすべてを選んだいく
それができるようになってから…
少しだけ近い大きな場のために本当にいいものやカタチや在り方を選んでいけばいい
それを突然大きく見る必要はない
そんな器ができてきたと確信してからでよい

心が折れたり…すさんだり…疲弊したりすることはいつも
誰のせいでもなんのせいでもない。
まったくどこにもなんの責任も外にはないもの
あなたが選んだもの 選んだことはあなたにすべて責任がある
そこに起こっていくこともすべて
あなたの望んだもの 望んでなかろうが…

何かの道を選んだのなら
その先にそれを信じて見てくださる人たちがいる
そこに対する責任がある
まったくなんでもいいわけではないだろう

あなたはその責任をしっかりもって歩むのです

その責任を重く受け止めるのではなく
あなたなりのやり方や
あなたなりの覚悟をスッと感じながら…
喜んでその責任を持たせていただき
あなたの在り方を示していって欲しい
そうやってひとつずつ進めばいい

詰まった時には素直に誰かに頼ればいい
煮詰めていても…転がしていても仕方がない
然るべき策は早めにとった方がいい
あなた自身を整えること。
それすら…持たせてもらえる責任というもの(^^)
ひとつずつ…ちゃんと進んでいく
その楽しみを感じていく


そのためにここでわたしができるのは
個人セッションで内側を整える
ということ(*^^*)

あなたの生き方、あなたの在り方、
心の状態、そのすべてが
あなたのしたい事に影響があるのです⭐️

キチンとその中にあるものを
キチンと落としておきましょう(^^)


PER TE

存在するけど、しない… 癒しと導きを まるで、亡くなったご先祖さまや家族に、見守られているような感覚… セッションでは、年代、生物種、生死問わず魂と繋がりながら 自分では気付かない本当のあなたが望む声を知るお手伝いをします。 こころに寄り添い、必要な答えに自ら辿りつく為の気付きへ…

0コメント

  • 1000 / 1000