表層でなく深層にあるものをみる

ある日の夢でとても【貴重な体験】をした
それは…これまでのわたしの人生の中で3本指に入るくらいの
『ものすごくこわい』体験で、あるタイミングで飛び起きたくらい(笑)

その体験は結果的にすべて夢だとは思ってなく
現実だったんだと今は思っている

先日出てきた彼女が教えてくれたことのすべては、とても大切なことで。
書ききれないほどのもの…
それらをすべてわたしとしては、ありがたく想いを繋いでいきたいと思う

その大きな学びとして得たかもしれないもののひとつは。
波動が高いや、ステージの高さなどと言われるものたち。
それらすべて…全く低い可能性ということであり
あの体験を通して
結局はなにを感じてなにを学びとして得るのか
ということに集約されるのだけれど…

こわさのない今。
やっと一般的に高いと言われるような感覚の場所にいるのだということ
それすら…以前と比べるからであって
結果的に人間レベルでしかないということ
そんなことをどうこう言うことほど
低い世界に生きていて本質を見えることはないのだという結論

夢の中で強く助けを求められたけれど。。
わたしは夢の中で彼女を助けることができなかった…
間に合わなかった。
それを悔やんでいるのではなくて
それが現実として彼女が見せてくれたものだと思う
そして所詮そのようなものだということでもある

彼女が訴えたこと。
彼女がその姿をどの様にわたしに現したのか
夢の中のわたしもまた今のわたしとは違う反応で…
恐ろしいと感じた姿だった

しかし。ほんとうは違うのだと思う

彼女はわたしに、自分の想いを教えてくれたし伝えてくれた
その姿に表面的なこわさがあったとしても
その目は澄んでいて…強さがあった…

夢の中のわたしはこれまでの一般的な反応であって
開眼だとか、第3の目が開くだとか、
そういった諸々のすべても
なんて低い世界の判断なのだろうと思うことができた

夢というものが…
その人のその時の盲目さを表している
目をつぶって生きているようなもの

所謂。。。
ついただとか…持って帰っただとか…
つかれた…もっていかれた…

そのようなことはすべて本人の問題

連れて帰ったのならありがたいことだし
むしろ。ついてきてくれたのだから(*^^*)

ステージが低ければ
ステージの低いものと繋がる
当然のこと。
得られることすべてをありがたくいただけばいい

ここの世界はみな愛を学びに来たのであって
知らないもの。学ぼうとしないもの。
見ようとしないもの。
が多いのだということ

どうあれ…いろんなことを通して
それを学んでいく道のりなんだということ

彼女は…わたしに待つというものと
その中にある深く暗く静かな
しかし強く熱い燃えるような情熱を
教えてくれた

いい、悪い、では当然なく。

その想いは…今も続いていて残っていて
だからこそ彼女の本当の想いを忘れないでいくこと

それらはやはり。
うんと深いところにあるのだということ
よく見ないとわからないのだよ…と。
よく聞かないとわからないのだよ…と。

わたしにさらなるチカラをくれた
より深くにあるものを見ていく機会、
わたしに智慧を与えてくれた



ご縁というものは…なんと広範囲にあるものだろうか
近くあるものも、遠くあるように思うものも
すべては意識ひとつで…
繋がるべき場所へ繋いでくれるのです

惑わされやすい世の中で
どこを見ていくのかはとても重要になる
今後はそういう世界になる。

だからこそ…教育でない教育が必要ともいうのかもしれない
ここにある…その在り方が…
そうしようとせずとも
そうなっていく…

成るように成るということはそういうこと

なにもする必要はないし
なにかできるものでもない
今あるものを丹念に見つめ取り組むだけでいい

それは努力や頑張りではなく
あなたがしたい努力なのか
あなたがしたい頑張りなのか

彼女はもうここには来ないと思う
想いはわたしが受け継いだから…
またひとり…わたしのチカラになってくれた
あかのたにん。。
だけど…ひとつの地球にいる同じかぞく。。。





4月の瞑想会はキャンセルがでております(^^)
気になる方はご連絡ください⭐️

PER TE

存在するけど、しない… 癒しと導きを まるでご先祖さまや家族に見守られているような感覚… セッションでは、年代、生物種、生死問わず魂と繋がりながら 自分では気付かない本当のあなたが望む声を知るお手伝いをします。 必要な答えに自ら辿りつく為の気付きへ…

0コメント

  • 1000 / 1000