音の波…というものを感じて。
だれかが自然と放っている波を。
誰かはそれに合わせようとし
誰かはそれがいいものとする

そもそも。。誰か持っている波も
無条件で素晴らしいのだと思う

ある人から見て…
ある人を助ける必要があるとしても
その人が自ら【救われる機会がある】ことを信じて
だれがなにを施す必要はほとんどないのだと思う

ただ…何かできることがあるのも事実で
それをなすのならば
相手の音に合わせて、自分の音をズラすのではなく
相手の音に合わせて、より美しく感じる音色や…同じでない近い音域を奏でるものと思う

合わさったとき…より美しい音楽ができたり
それを聞いてまた、よりよくしてみようと思えたり
そういうものかと感じたりする(^^)

誰かの存在が誰かを助けることは山ほどあり
それは実際になにをしたということがなくても
そこにいた…そばにいた…
ただそれだけで【救われた】ということもあるのだと思う

みな自らよりよくいきたいと願う

このことは魂レベルでどこを望むかを
本人も自覚ないものとしてここに在るのであって

それぞれ多くの人が思うものでも。
社会的によしというものでも。
一般的な歴史として良いとみられてきたものでもない。

あなたがなにを感じ…意識がどこにあり…
どういったことが今起こっていて
これからどうありたいのか
その自分の音を素直に信じて奏でればいい

波は抑え込むのでもなく
自然と流れるのを感じて
滞りなく流れればいい
それを信じ、許して、自らが受け止めていけばいい

自然と音の波を放つこと
あなたの出せる出したい音をだすこと(^^)

PER TE

存在するけど、しない… 癒しと導きを まるでご先祖さまや家族に見守られているような感覚… セッションでは、年代、生物種、生死問わず魂と繋がりながら 自分では気付かない本当のあなたが望む声を知るお手伝いをします。 必要な答えに自ら辿りつく為の気付きへ…

0コメント

  • 1000 / 1000