持っている性質の使い方

今日は空き時間に…外から聞こえてきたやり取り(^^)

『じゃーねーばいばーい』とおっきな声。
すると、
「うん。じゃーねーばいばーい」と微かな声。

(≧∇≦)

これ、やってたなー(^^)むかし。

1時間ほどこのやり取りが続いた。。
最後まで聞いてたくて…出るのおそめに…(笑)

昔やってたこのやり取り…
わたしから終わらせるのがイヤで
ずーっと続けて相手がやめるまで返してた。

今は電話もわたしから切ることはあまりなくて。
相手が切ってから…切るの(^^)

⭐️

算命学ではわたしの最も強い性質として日干が庚金(こうきん)。その他の干支は水の質が多く、【水に浸かった刀】と表現されます。
サクサク切っていけない、錆びた刀というイメージ(^^)水が多すぎるんですねー(笑)

パッパとなかなか切れない、切れ味の悪い錆びた刀なので、どうやってどこに使うかというと…
自分自身の心、考えや感じたこと、捉え方の方をある意味切ってきました。捉え方を変えたり、見方を変えてみたり試行錯誤するという感じ。

幅が広がったり深まったりするので有難い性質。今のお仕事にぴったりです。よくできてる(*^^*)

例えば持っている性質ひとつとっても
算命学では塞翁が馬、という考えのもと。
自身がその持った質をどう生かすかが重要になります(^^)
どんな風に使ってもいいのです⭐️
だからこそ、その人によって違うのです。
同じ質を持つからといって、決して同じではないのですよね(*^^*)

あのやり取り。。。
いいなーって思うの(*^^*)
なんかこうあったかいなって感じ。
最後まで聞き耳を立てて待っている子の気持ち。。。

『また明日ね』で終わることなんだけどね(^^)

自分の持つ性質。うまく使ってね⭐️
人生の後半戦には…また違った性質が出てくるので。。。そちらも把握おくと便利(^^)

占いは、天気予報のように使ってください✨
もっとも大切なのは…いつも言いますが…
どうしたいか❗️です(^^)


ご自身の性質を知りたい方はメニューから算命学をどうぞ⭐️

PER TE

存在するけど、しない… 癒しと導きを まるでご先祖さまや家族に見守られているような感覚… セッションでは、年代、生物種、生死問わず魂と繋がりながら 自分では気付かない本当のあなたが望む声を知るお手伝いをします。 必要な答えに自ら辿りつく為の気付きへ…

0コメント

  • 1000 / 1000