思考は現実化するからこそ

すべての人々に対して慈愛を持つということに…
チャレンジすることはもちろん
それを続けようと思うひとがどれくらいいるだろう

もしも不幸に見えるような人々に対して
その何かに反応するのではなく
慈悲深くあろうという余裕の保てる人がどれくらいいるだろう

その不幸と見る基準でさえも…
どのようなことをそのように感じていると自覚できているだろう

自らが幸福を感じているその時に
世界の誰もがそうであることが本当の理想だという感覚を。
理想で終わらせないこと…
そしてもしも悪いと思う人々に対しては
ある程度の無頓着であることの必要性と
時にはそのひとの背景を見ようと思うひとはどれくらいいるだろう

わたしたちの目の前にやってくる
すべての対象に対しても同様であることに気付いてさらに、その行動として在ることのできるひとはどれくらいいるだろう
 
やってくる様々な対象に対して
心のこのような態度を続けることはそのひとの心を平穏にすることに繋がるの
 
日常生活の中での困難の大部分は
自分の心をこのように保つことができないところから来るものではないだろうか。。。

たとえば。
もしある人がわたしたちになにか悪いことや不都合なことをすれば…
わたしたちはすぐにその悪と同じような罰や悪を与え返そうとする。。
そしてその反動がすぐに
『わたしたちの心など抑制することができないではないか』
と片っ端から証明することを意識で追ってしまう
それを証明と錯覚する。
自らが受け取りたいものを受け取っているだけとは気付きもせずに。。。
来た不都合な波に対し同じ波で正面から対応する。
それを証明と盲目の目で見て正当化する理由付けとする
残念なのが本人は同じ波だと気付いていない…
その時にはさらに
正義や一般的対応そして良心というものを簡単に盾にする。
そうしていくうちに自分の力を失うことになることを…その人たちは気付かない
 
憎しみから生まれる悪への反動。
それは自身の心にとって実に大きな損失であるとは…その只中には気付かないことが多い…
 
あらゆる憎しみの行為は、
それがいかになにかの悪の反動の思いであっても
もしそれを自分自身で制御されるなら
それはとても尊い行為であって
わたしたち自身のためになるかのように蓄えられていく。。。
 
このように自分を抑えたからといって
わたしたちは何かを失うわけではないの。
自分で想像する以上に…
無限にもっと多く…
あらゆるものを得ていくのである…
と。わたしは思うの。。
 
憎しみや怒りの感情を抑えるということは
実に多くの美しいヒカリのエネルギーが
自分のために蓄えられるということなのです。
その蓄えられたエネルギーはその後さらにもっと高い力に変えられるの。

そこに至るまでに…
怒りを抑えればいいというものでもないことは明らかで
与えられた悪に対してどのように取り組むべきかを考えることも必須である
考えのベースが【どういう人間で在りたいか】でいい
そしてあなたはどのような姿になっていきたいか
が土台となることも確か。

あなたがもしも…
『このような経験のないものにその気持ちがわかるわけがない』
というような気持ちが湧くのなら、
その場合は誰のどんな言葉も受け取ることはない時である
そのような場合もその時にするべきことがある

あなた自身が【ありたい姿】【なりたい人間像】に対して、裏切りを起こさない。
理想的にあればいいということではなく
あなたは等身大の自分自身を受け入れながら…
その先に理想的な幸せを感じるべく描く世界があるはず。

何度でもあなた自身が
自分自身を励ましていくこと
すべてのことを自分自身が選んでいくこと⭐️
それがあなたのチカラになっていく

思考が現実化するというのは…
夢のようなことを思考して現実化されることをただ待つことではなく。
あなたにとって不具合があったときこそ
夢見心地な思考の流れとおなじように…
その思考をコントロールすること✨

PER TE

存在するけど、しない… 癒しと導きを まるでご先祖さまや家族に見守られているような感覚… セッションでは、年代、生物種、生死問わず魂と繋がりながら 自分では気付かない本当のあなたが望む声を知るお手伝いをします。 必要な答えに自ら辿りつく為の気付きへ…

0コメント

  • 1000 / 1000