おそれが…欲しいものを遠ざける

たとえば誰かを…
【あの人はこういうひとだ】
【あの人はいつもこうだ】
そのようにみることで…
それはもうすでにその人の
愛のところを見えなくする壁を自ら持つようなもの。。

そうしなければならない理由があなたの中にある
誰かを【こういうひと】としなければならない理由。

うちの子はこうだから…
夫はこういう人間だから…
わたしはこういう性格だから…
あなたはいつもこうだから…

そうでないかもしれないし
そうでなくなることもあるのに
自分以外のことはそのようにして
自分とは別のところに誰かをおく

そのようにすることで孤独を呼び込む…
そうしているとは気付かずに。。。

誰かをあなたが
【あの人はこういうひとである】とすることで、
先にあなたは誰かとの間に壁をつくる…
そのことによって呼び込んだ孤独を
『誰もわかってくれない』
と嘆くのかもしれない。。

しかしそれはあなたがその人をわかってない
あなたもまたあなたをわかってない
という知らせ。。。

わかってもらえないと思うとき
わかろうとしないあなたがいる

あなたがまず壁を作ってしまった…
その壁はあなたが崩さないと世界は見えてはこない
あなたが見たいように見た世界で
あなたが望んでいない世界をいつまでも創っている

真実は見えなくていい…見たくない…
そのようにしているようなもの
しかし自分では真実を見ていると思っていたりもする
マインドは恐ろしくもある。。。

誰かをそのようにみることで
なにをしようとしている?
おそらくは守るため。。
ではなにから守るため?
ならばなにかがこわい?
ではなにがこわい???

恐れはひとを愛から遠ざける
おそれが愛のある場を見えなくせる
恐れのほとんどが起きないものであるのに。。

見えないものを恐れる…そしてそれを避けようと行動する
その恐れからの行動が世界をさらに見えなくする
望んでいないものを呼び寄せる

じっくりと本当のところをよく見ようとすることで
おそれから選ぶものは必ず減っていく…
恐れる必要はないのだから。

いったいなににおそれを抱くのか
そんなにも恐れる理由はあるのか
いつからそんなにも恐れ
そしてその恐れを抱くことのすべては確実に起きてきたものなのか。。。

多くのおそれは起こり得ないもの
呼び寄せるのはあなたの意識。
思い込んでいる過去からの呪縛は…
あなたが今とこれからもしていきたいことか聞くこと。。

誰かを…このような人、と決める自分に疑問を。



PER TE

存在するけど、しない… 癒しと導きを まるでご先祖さまや家族に 見守られているような感覚… セッションでは、 年代、生物種生死問わず魂と繋がりながら 自分では気付かない本当のあなたが望む声を 知るお手伝いをします。 必要な答えに自ら辿りつく為の気付きへ…

0コメント

  • 1000 / 1000