全責任は自らにある

して欲しかったことも
言って欲しかったことも。
それがしてもらえなかったとしても
言ってもらえなかったとしても

まずは何を望んでいたのかを
まずは何を期待していたのかを
誰にして欲しかったのかを
なぜして欲しかったのかを
そして…あなたはどういう状態が理想的だと思っているのかを

ちゃんと丁寧に。
まずは自分の気持ちを見て
望んでいることを丁寧に知って
無くしたくないものをちゃんと自らが理解して

普通はこうだとか
一般的にはこうするものだとか
この立場ならこれが普通だとか
これは当たり前だろ…とか

そういうものにとらわれることさえも
まずは自分が知っていくこと
イヤだと思ってるものに…
実は縛られているのは誰のせいでもなく
なんのせいでもなく

あなた自身が用意した罠。
あなたが何かを守るためや
あなたが最も恐れている何かを避けるための防御や
イヤなことから逃げるための巧妙なスリカエ

どれをしたとしても
何をしたとしても
どれをどう捉えたとしても

あなたのところに全ての責任が返ってくる

あなたが逃げようとしたことで自分を蔑め
あなたが何かのせいにしようとして自らの力を奪い
あなたが見ようとしなかったことで淀んでいった自らのエネルギー

ものを見ているのも
誰かを見るその見方も
何かをする行動も
そしてその結果なにが答えとして残っても

全てはあなたが起こしたものとして
瞬時に方向転換し
見るべきをしっかりと見つめ
ひとつひとつに取り組んでいくということが

あなたの道を開き
あなたの心から永遠に止まらない澄んだ水が流れ出す

その感覚になるまでに…
それぞれの取り組みがあり
それぞれの選ぶ試行錯誤やチャレンジがある
なんども繰り返されるそれらは
だれかが示したものなどでは当てはまることはなく
誰かのやり方が最短で進めるというものでもない。

あなたのやり方は…あなたの中にしかない

どんな本にも。どんな人の言葉にも。
あなたに合うものは書いていない

あなた自身をあなたがまず全て向き合っていくために
そのために必要なの助けなら受け取っていけばいい
短絡的なものは残らない
簡単なやり方などない
それらの一次的な世界を知るということがプロセスの中に残るというだけ

全てはあなたの中にしかないのだから
自分自身が全責任の中にあって
その都度覚悟して選び
試行錯誤をいちいち苦しむことなく
選んだものがあるのなら…苦しみは当たり前なのだから…

その中でどのようにあなたを励まし
どんな風に声をかけ
どんな顔でそれに取り組みたいのか
どんな恐れがあって
それがあってもなお…どんなあなたでいたいのか

見えるカタチで前に進もうとするのは
見えない場所へウチに進めば前に自ずと出る
繰り返してしまう内なる恐れへの対策を
潜在意識の書き換えを繰り返して
飛び越える枠の外は

あなたがこれまでに思い描いていた世界

どれも。必要で起こることを
何度かわしても…何度でも目の前にくるものの意味を知り、そこに丁寧にあること

本当のスピリチュアルとは。。。そういうこと。

PER TE

存在するけど、しない… 癒しと導きを まるでご先祖さまや家族に見守られているような感覚… セッションでは、年代、生物種、生死問わず魂と繋がりながら 自分では気付かない本当のあなたが望む声を知るお手伝いをします。 必要な答えに自ら辿りつく為の気付きへ…

0コメント

  • 1000 / 1000