見誤らないために。。。

三浦綾子さんが大好きで…
子供の頃、読み漁ってたことがあるんです(^^)
中でも【氷点】は、母の書棚にあって、何度も読んでわたしのバイブルの1つになった。。

まぁ、そんな流れで三浦綾子さんに興味を持ったのですが…
その対話集の中にこんな一節があるのを思い出しました。。

『自分の犯した過失や罪は非常に小さなことにしかすぎない。でも、同じことを自分の嫌いな人がした場合は「たいへんに悪いこと」になってしまうんですね。いちばん陥りやすくて恐ろしいことは、「この世の憲法は自分である」ということですよ。』

わたしがよくセッションの中でも言っている…
【したいようにしたらいい】
【まずは自分を大切にしましょう】
【まずは自らを満たしていく】

こういった言い回しはとても勘違いを生みやすいものでもあると理解しています。。。

自由にはいつも責任がつきまとう
あなたがしたいようにした分
どこかの誰かはその逆の負担を強いられる可能性がある。
近くの存在でなくても…
そういう話を現実に聞くことも多々あります。

それでもあなたは自分の真実と大いに深く繋がり
自らをもっとも深く知りそれが魂の求めるものと知り
描く未来への夢を諦めることなく
求める欲求を制限することなく

遠慮すればそれはエネルギーの循環を奪い
自然な流れを妨げることとなる
それもまた…どこかに影響を与え、
そのエネルギーを奪うことにもなる。。

私たちは自然の流れの中に存在すると思うのです

あなたがなにかに気づいたなら…
まずはあなたからそのエネルギーをまわすこと

そこに誰もいなくとも。。
同じような想いを持つものがいなかろうが
それはどうでもよくはありませんか?

誰かがまだしていないのなら
それはあなたに訪れたチャンスでもあると思います

あなたがもっとも信じたいあなたであって
あなたがもっとも仕方ないあなたでもあって

半分は自分の感覚を疑いながら…
だってそれはいつもあなたの勝手なものの見方の可能性もあるのだから…

誰かを思うというのは。。。
本当はどういうことであろうか

誰かのためにとか。
みんながいいようにとか。
あなたが選んだその行為は本当にそうだろうか???

どうやっても一方的であることは外すことはできないのですよね。
けれど。やってみないのであれば何も考えていないのと同じ。
何度でもやってみて、失敗を繰り返し、
疲弊している暇などなく
思いつくいいと思うことを繰り返して。

自分の思い違いをひとつずつ変えていくしか道はないと思います(^^)

例えばちゃんと本音を伝えれば
ちゃんと返ってくるものがある
そうやって築いていけることこそ
幸せや喜びの深まる要素となる。。

あなたが何を望んで、
どうなっていきたいかは

すべて叶う✨すべてが叶ってしまう✨

だからこそ。。
最も深く自分と繋がり…
そしてその真実を通してこそ、その先を見ることができるのだと思うのです(^^)

PER TE

存在するけど、しない… 癒しと導きを まるでご先祖さまや家族に見守られているような感覚… セッションでは、年代、生物種、生死問わず魂と繋がりながら 自分では気付かない本当のあなたが望む声を知るお手伝いをします。 必要な答えに自ら辿りつく為の気付きへ…

0コメント

  • 1000 / 1000