外側に手を差し伸べることで

わたしたちはとりひとりが
それぞれの【深海】を超えたとき

その先に『外側に手を差し伸べていく 』
そのことでしか【光の先】に進める道は無いと…その段階になってはじめて気づいていく…

人はもともと精神的に問題を抱えやすい、
または弱い人が多いのが現実なのではないかと思う。またはそういう時もある。。

その結果か…

『他者を幸せにしようとか…世界を変えようとか…大それたことは考えず。

自分とその周りだけが幸せになれれば十分』
という考えが強いエネルギーを放つこともある。

もちろん…それが必要な段階もあり
大きな視点が必要な場合もある。

いずれも不十分な段階でのなんらかのサポートをしたり、エネルギーワークを始めてしまったりもする。
すぐに壊れる砂山のような積み上げであれば
何かの拍子にその名の通り…
崩れてしまうということもある

ただそれらもすべてプロセスであって
そこには必要とする人もあり…
多数ある段階という多様性によって
必要な存在であることは確かだと思う

ある場に辿り着くと…
自らが愛そのものであるという感覚は確かにあり
では…さらにその愛とはなんなのだろうか。。。

己の中にある強烈な憎しみや苦しみ、悲しみの最たるところ、絶望、それらもまた同じ愛からの派生のものでもある。

相対的にあるものによるその価値観なのだから…
他者への関わりと…そこへの何某と…
それらへ手を差し伸べてできることをしていくことが
さらなる魂の磨きに繋がる可能性であって

それが子供でも大人でも自然でも動物でも物でもいい
あなたの望むものが目の前に来るのだから。。

いずれにしても…
外側にできることの繰り返し
自分と他者を分別してさらに
その先にできることを繰り返し
疲弊する自分自身を受け入れることの繰り返し

愛のどちらを向いて生きるのかも
なにをここに置くのかも

すべて誰もにある可能性を見つつ
その先にできることをし続けてそれを訴えることなく
なにが必要かを見定めてさらに
どうありたいかの中で。。。

光の先に進んでいくことを
自らが選んで歩むまでに。。
個人のプロセスがある
人がひとり…というのは…
それだけでも大きなエネルギーを放ち
他を刺激し合って支え合って生きていく。

あることを許し
そこへの機会を感謝して

そのまますなおに⭐︎

PER TE

存在するけど、しない… 癒しと導きを まるでご先祖さまや家族に見守られているような感覚… セッションでは、年代、生物種、生死問わず魂と繋がりながら 自分では気付かない本当のあなたが望む声を知るお手伝いをします。 必要な答えに自ら辿りつく為の気付きへ…

0コメント

  • 1000 / 1000